オーバン シングルモルト ハイランド

オーバン ハイランドとアイランズの特長を併せ持つ独特のシングルモルト

更新日:

1794年創業。スコットランドでは最古の蒸溜所のひとつ。オーバン(OABN)とはゲール語で「小さな湾」の意。アイランズ地方への玄関口としても知られる西ハイランドの港町に建つ。この立地条件がハイランドとアイランズ両方の特性を兼ね備えた独特のシングルモルトを生み出している。

オーバン蒸溜所

蒸留所のある西ハイランドの中心地オーバンは、古くから天然の良港として知られたところで、かつては羊毛やウイスキー、スレート石や昆布を積み出す港町として栄えてきました。

オーバンは免許を受けた蒸留所としてはスコットランドでも最古の蒸留所の一つ。1794年にスチーブンソン兄弟により操業され、彼らは蒸溜所だけではなく、造船業、鉱業などの事業も始め、オーバンの街は蒸留所を中心に発展したといっても過言ではないほど、地域社会に貢献してきました。

オーバンの街は現在でも、西側のヘブリディーズ諸島への玄関口として多くの観光客で賑わっています。

ランタン型の小さなポットスチル

オーバン蒸溜所のポットスチルは、初溜、再溜合わせて2基。スコットランドで最も小さい部類に入るランタン型のポットスチルにより、手間と時間をかけ伝統に忠実に蒸留されたモルトはハイランドとアイランズの特長を併せ持つ個性的なモルトとなって誕生します。

クラシック・モルトシリーズのひとつ

ユナイテッド・ディスティラーズ(UD社)が提唱したシングルモルトのシリーズで、現在はUD社からディアジオ社が所持する蒸留所になっています。

地方ごとの代表的なシングルモルト銘柄を挙げ、シングルモルトウイスキーの地域性をフィーチャーするためのシリーズです。

今でも、ウイスキー入門者が各地方の大まかな特性を掴むために、クラシック・モルトシリーズを試すように薦める人もいらっしゃいます。

クラシック・モルトシリーズのラインナップ

・北ハイランドの「ダルウィニー

・西ハイランドの「オーバン

・スペイサイドの「クラガンモア

・ローランドの「グレンキンチー

・アイランズの「タリスカー

・アイラの「ラガヴーリン

オーバン14年の味わいと口コミ評判は!?

ハイランド・モルトとアイレイ・モルトの中間の性質をもつともいわれ、その絶妙なバランスには定評があります。豊かなピート香が感じられるやや重厚なミディアムタイプです。

香り:フレッシュなフルーツ、ハチミツ、スモーキーな香り。

味わい:晩秋のフルーツ、乾燥イチジクとハチミツのように甘いスパイス、スモーキーでドライ。

フィニッシュ:長くスムーズで、甘いフィニッシュ。ドライで潮粒のようなアフターテイスト。

実際に飲まれた方達の口コミ評判をご紹介します。

とても美味しかったです

・あまり専門的な味や香りの評価は出来ませんが、かなり美味しいウィスキーです。現在色んなシングルモルトを試していますが、これは美味しい!オススメです!

・このウイスキーはなかなか美味しいです。ウイスキーを飲み慣れてなくても美味しく感じるって大事ですね。クセも強すぎず弱すぎず丁度いいです。

・7-8年前スコットランドにいた時に一番気に入っていたスコッチ。旨いに決まってるでしょ!

・色々、飲んだけれども、モルトのレギュラーボトルで一番美味い。

プレゼント用に購入しました

・祖父80歳の誕生日プレゼントで購入しました。箱の見栄えも良いですし、予算以内で見つかり、大変満足です。

甘さが口中に広がります

・一口含んだ時、口の中にパーッと広がり甘さを感じました。癖がなく飲みやすいです。樽の香りもほのかに感じ口の中に程よい余韻が残りホントGOODです!

・かなり甘い部類に入るスコッチではないかと思います。ハイランド系ということなのでピートも聞いていますが、それでも甘さのほうが前に来る感じ。結構気に入りました。

オーバン蒸溜所のまとめ

1794年創業。スコットランドでは最古の蒸溜所のひとつ。

オーバン(OABN)とはゲール語で「小さな湾」の意。アイランズ地方への玄関口としても知られる西ハイランドの港町に建つ。この立地条件がハイランドらしい柔らかで芳醇な味わいとアイランズ特有の強いピート香を兼ね備えた2種類の魅力を体験させてくれる銘酒。

世界でも名の知れた個性派のシングルモルトで、ディアジオ社が提唱する「クラシック・モルトシリーズ」の中の1本としても有名です。

この蒸溜所の他のウイスキー

スポンサーリンク

-オーバン, シングルモルト, ハイランド

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.