ウイスキー オルトモア シングルモルト スペイサイド

「オルトモア」知る人ぞ知る完成度の高いシングルモルトの代表格

投稿日:

1897年にアレクサンダー・エドワードによって、スコットランド・スペイサイド地区の「フォギー・モス(霧が深い湿地)」と呼ばれる場所に創業されたオルトモア蒸留所でつくられるシングルモルトウイスキー。

「オルトモア(Aultmore)」とは、ゲール語で大きな小川という意味。

VAT69、デュワーズ、ジョニーウォーカー黒ラベルといったブレンデッド・スコッチ・ウイスキーの原酒として使用されています。

特にデュワーズのキーモルトのひとつとして有名です。

今回は、そんなオクトモア蒸溜所のフラッグシップボトルである「オクトモア 12年」を紹介したいと思います。

オルトモア蒸溜所

オルトモア蒸留所は1897年に創業されました。Aultmoreとはゲール語で「大きな小川」を意味し、その蒸留所名は近辺を流れるオーヒンデラン川に由来するといわれています。1923年以来、ジョン・デュワー&サンズ社によって運営されてきましたが、1998年にラム酒のメーカーとして有名なバカルディ社の傘下に入り現在に至っています。

スコットランドのウイスキー産業内でトップクラスと評価される12のモルトの内の一つ。

オルトモア12年の味わいと口コミ評判は!?

野生の植物が自生する土壌で濾過された水と、ピートを使用しないモルトによってつくりだされるフレッシュな味わいと、ドライ感のある深い余韻が楽しめる、バランスのとれた味わい。

香り:りんごのような瑞々しい香りにオーク、はちみつ、バタークッキーのような甘い香りが広がります。

味わい:オレンジピール、べっこう飴のような多少のビター感を伴う甘みに、クローブやウッドスパイがアクセントとなりスムースな味わいです。

フィニッシュ:モルティでドライな余韻が楽しめます。

実際に飲まれた方達の口コミ評判をご紹介します。

色が薄い割にはしっかりとした味わい

・12年物にしては、色が薄く感じます。ですが、味わいはしっかりとしていて飲みごたえがあります。

若いなりにかなり良かった

・次は18年を飲んでみたいと思う。

・12年とは思えないほど美味しかった。常に常備しておきたいレベル!

イベントで飲んで気に入りました

・飲んで気に入ったオルトモア12年、やっぱり美味しいです。買ってよかった。

とても飲みやすい

・癖が殆ど無くて飲みやすい。ドライな感じだけど香りは良い。

オルトモア蒸溜所のまとめ

1897年にアレクサンダー・エドワードによって、スコットランド・スペイサイド地区の「フォギー・モス(霧が深い湿地)」と呼ばれる場所に創業されたオルトモア蒸留所でつくられるシングルモルトウイスキー。

「オルトモア(Aultmore)」とは、ゲール語で大きな小川という意味。

VAT69、デュワーズ、ジョニーウォーカー黒ラベルといったブレンデッド・スコッチ・ウイスキーの原酒として使用されていて、特にデュワーズのキーモルトのひとつとして有名です。

スコットランドのウイスキー産業内でトップクラスと評価される12のモルトの内の一つ。日本では業務用として流通しているため、店頭ではあまり見かけることがありません。

購入を検討される場合は、通販での購入が一番入手しやすいかと思います。

この蒸溜所の他のウイスキー

スポンサーリンク

-ウイスキー, オルトモア, シングルモルト, スペイサイド
-, , ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.