ウイスキー スコッチウイスキー ロイヤルハウスホールド

「ロイヤル ハウスホールド」世界中で日本のみで販売が許可された銘酒

投稿日:

ロイヤル ハウスホールドとは「英王室」を意味する。

この格調高い名前のきっかけは、1897年、当時自社ブランドが英国下院の公式ウイスキーにもなっていたジェームズ・ブキャナン社が、英国王室によって皇太子(後のエドワード7世)専用のブレンデッド・スコッチウイスキーを造るよう、勅命を受けたことに由来する。

ブキャナン社は厳選された貴重な原酒を門外不出の技術によってブレンドし、英国王室にふさわしい 品格と気品に満ちたスコッチを見事に造り上げました。

このウイスキーこそが「ロイヤル ハウスホールド」です。

由緒正しいこのスコッチは英国でも飲める場所が限られていますが、英国王室との友好な関係により唯一日本では一般でも特別に飲むことが許可されています。

絹のようになめらかで繊細な味わいは唯一無二のスコッチとして完成されており、英国王室と日本の人達を魅了し続けています。

今回は、そんな英国王室を魅了した由緒正しきウイスキー「ロイヤル ハウスホールド」について紹介をしていきたいと思います。

英国王室を魅了した由緒正しきウイスキー「ロイヤル ハウスホールド」

ロイヤル ハウスホールドの歴史

1897年

当時の皇太子(後のエドワード7世)からジェームズ・ブキャナン社に対し、皇太子専用のブレンデッドウイスキーを作るよう依頼を受けて誕生。

1898年

皇太子御用達のロイヤルワラント(勅許状)が授けられる。

1901年

皇太子が国王エドワード7世に就任し、正式に「王室御用達」の認定を受ける。

ヨーク公(国王の弟で後のジョージ5世)夫妻が世界一周の船旅に出掛けた際に持ち込まれ、これを機に広く王室御用達として認知されていく。

ロイヤルハウスホールドという名前も、ヨーク公が自ら命名したと言われている。

1920年代

昭和天皇が皇太子時代にイギリスを訪問し、英国王室からロイヤルハウスホールドを授かる。

以来、英国王室の特別の許可により、世界中で唯一日本のみ飲むことが許可されることになった。

ロイヤル ハウスホールドのキーモルトは?

ロイヤル ハウスホールドのブレンドにはハイランドのダルウィニー、グレントファースをキーモルトに、どれも希少価値が高い特別に選りすぐられたモルトとグレーン原酒45種以上が使われています。

ロイヤルハウス ホールドの味わいと口コミ評判は!?

ロイヤル ハウスホールド詳細

■商品名:ロイヤルハウスホールド
(ROYAL  HOUSEHOLD)
■希望小売価格:34,000円(税抜)※2019年2月27日現在
■仕様:750ml アルコール 43度

45種類にも及ぶ原酒が織り成す、繊細な味わいダルウィニーをキーモルトとして使用し、どれもが希少価値の高い特別に選りすぐられた原酒を使用。

その味わいは繊細で、気品漂う風格に溢れており、唯一無二のスコッチとして完成されています。

香り:心地よいカモミールと蜂蜜の甘い香り

味わい:繊細かつリッチで気品漂う風格

フィニッシュ:シトラスと蓮華の蜂蜜を感じさせ、長く魅惑的な余韻が特徴

実際に飲まれた方達の口コミ評判を紹介

気品ある味わい

・気品のあるシャープな味わい。スコッチの歴史の貴重な一端を一考できる。

飲みやすくて美味しいです

・ジョニーの青ラベルみたいだなと思いました。
友人と一緒にあっという間になくなりました。飲みやすいです。

・ストレートもいいけどロックでさらに甘さが開きました。

・昔お店で飲んだ時に本当においしく感じた、大好きなスコッチです。

ウイスキーの王様

・ブレンデッドスコッチの王様、バランタイン30年やロイヤルサルートはこれより格下に感じます。熟したフルーツの香りと味わいが素晴らしく、いつまでも鼻腔、口腔に残ります。週末だけの贅沢にとっておきの一本です。

プレゼント用に

・主人が一番好きなウィスキーです。バレンタインデー用に購入しました。

・飲んだことがあり香りもいいので、お世話になっている方の誕生日プレゼントで渡しました!!非常に喜んでいただけました。

ロイヤル ハウスホールドまとめ

ロイヤル ハウスホールドとは「英王室」の意。

1897年、当時「ブキャナンズ・ブレンド」が英国下院の公式ウイスキーにもなっていたジェームズ・ブキャナン社が、英国王室によって皇太子(後のエドワード7世)専用のブレンデッド・スコッチウイスキーを造るよう、勅命を受けたことに由来。

厳選された貴重な原酒を門外不出の技術によってブレンドし、英国王室にふさわしい 品格と気品に満ちたスコッチを見事に造り上げたのが「ロイヤル ハウスホールド」です。

由緒正しいこのスコッチは英国でも飲める場所が限られていますが、英国王室との友好な関係により唯一日本では一般でも特別に飲むことが許可されています。

絹のようになめらかで繊細な味わいは唯一無二のスコッチとして完成されており、英国王室と日本の人達を魅了し続けています。

※1990年代初頭までは定冠詞「THE」がついていて、英国王室御用達でした。

「THE」が外された今でも販売が許されているのは英国と世界で唯一日本だけが市販を許されている希少な逸品です。

ブレンデッド・スコッチとしては非常に高額ですが、英国王室御用達を賜った気品ある味わいはウイスキーファンなら、一度は味わっておきたい一本といえます。

ジェームズ・ブキャナン社 その他の商品

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CHECK>>ロイヤルロッホナガー 英国王室御用達ビクトリア女王も心酔した美酒

CHECK>>ラフロイグ10年シングルモルトウイスキー初の英国王室御用達のモルト蒸留所

スポンサーリンク

-ウイスキー, スコッチウイスキー, ロイヤルハウスホールド
-, ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.