アイリッシュ ウイスキー ブッシュミルズ

ブッシュミルズ 世界最古の蒸溜所が生み出す伝統と経験の結晶

投稿日:

北アイルランドで歴史を刻む蒸溜所。モルトにこだわるアイリッシュの雄。

アイルランド島の北端、冷たい海に面したイギリス領北アイルランド・アントリム州。

この地に立つブッシュミルズ蒸溜所は、1608年創業※で世界最古の蒸溜所といわれています。

アイリッシュウイスキーの伝統的な製法である3回蒸溜を頑なに守り続けながら、モルト原酒の原料には100%アイルランド産のノンピート麦芽を使用することで、軽やかでスムースな口当たりを実現。

それでいてモルトの味わいがしっかりと感じられるのが特徴です。

アイルランドで1850年代に麦芽税が施行されると、多くの蒸溜所では未発芽大麦を使用するようになりましたが、ブッシュミルズは大麦麦芽(モルト)にこだわり続けています。

※1608年、当時のイングランド国王ジェームズ1世が、現在ブッシュミルズ蒸溜所のあるアントリム州の領主サー・トーマス・フィリップスに蒸溜免許を与えた記録が残されています。なお、公式には“The Old Bushmills Distillery”が1784年に登録されています。

今回は、世界最古の蒸溜所が造る、味わいについても、歴史についてもアイリッシュを語るなら欠かせない一本である「ブッシュミルズ」を紹介していきたいと思います。

ジ・オールド・ブッシュミルズ蒸溜所

ブッシュミルズとは「林の中の水車小屋」という意味で、北アイルランドのアントリム州にある村の名前です。

1608年、イングランド王ジェームズ1世からアントリウム州の領主、サー・トーマス・フィリップスが蒸溜免許を与えられたことを創業としています。

蒸溜所自体は1784年に建てられましたが、1885年に火災で焼失。

再建する際、設計をスコットランドの技師、チャールズ・ドイグに依頼。

現在も残るこの蒸溜所にスコットランド風のキルンが2つあるのはそのためです。

誕生400年を記念して、紙幣が発行された

スコットランドにはポットスチルを描いた紙幣がありますが、北アイルランドにはブッシュミルズ蒸溜所を描いた紙幣があります。

ブッシュミルズ蒸溜所誕生400年を記念して発行された5ポンド紙幣です。

紙幣に描かれることからも、ブッシュミルズがいかにアイルランド国民に愛され続けているのかがわかります。

アイリッシュ伝統の「3回蒸溜」と更なる革新

一般的な「シングルポットスチル」と呼ばれる伝統的アイリッシュウイスキーは、モルトと未発芽の大麦、ライ麦、小麦などを使ってポットスチルで3回蒸溜したもの。

だが、ブッシュミルズ蒸溜所では、大麦麦芽(モルト)にこだわり続け、アイルランド産の大麦を100%使用し、スムースな飲み口を実現するためにすべてノンピート麦芽を使用している。

いち早くスコッチタイプのモルトウイスキーを取り入れたが、アイリッシュ伝統の3回蒸溜を継続したことで、スコッチよりもライトですっきりしたウイスキーになる。

スタンダード品の「ブッシュミルズ」と「ブラックブッシュ」は、このモルトウイスキーをグレーンウイスキーとブレンドしたブレンデッドウイスキーで、ほかにも、シングルモルトウイスキーもあります。

ブッシュミルズの味わいと口コミ評判は!?

ブッシュミルズ詳細

■商品名:ブッシュミルズ
(BUSHMILLS)
■希望小売価格:2,050円(税別)
■仕様:700ml アルコール 40度

ブッシュミルズのスタンダード商品。
3回蒸溜をしたモルト原酒と軽やかなグレーン原酒をブレンド。モルト原酒を50%使用し、スムースな口当たりとフレッシュな果実のような味わいです。

香り:軽やかで、フルーティーかつスパイシー。バニラの香りの後にクリームブリュレのような香りが続く。

味わい:穏やかな温かみがあり、口いっぱいに味わいが広がっていく。ほのかなハチミツの甘さも感じる。

フィニッシュ:すっきりとしたクリスプな後味。かすかなスパイスのニュアンスも。

実際に飲まれた方達の口コミ評判を紹介

アイリッシュ入門用に

・当たりの柔らかさとか香りはブラックブッシュにはかないませんが、飲みやすいウイスキーです。アイリッシュ入門編または普段飲みにオススメです。

・アイリッシュは初めてでしたが気に入りました。バニラっぽい甘い香りからだんだんナッツ香でドライになります。余韻が長くて好きです。スコッチより親しみやすくてバーボンより深いです。

・初めてのアイリッシュウイスキーですが大変飲みやすく香りも味も最高です。ついつい飲み過ぎてしまいます。今までのスコッチウイスキーには戻れそうにないです。

やさしい味わいで美味しい

・スコッチやバーボンもいいですが、アイリッシュウイスキーはスムーズでやさしい味です。ブッシュミルズはその中でも甘味さえ感じられる逸品だと思います。

・口当たりも全てライトというかマイルドで、酒に弱い人でも舐めるように味わえば気分良くなれそう。

ストレート、ロックや濃い目の水割りで

・薄めてしまうと、少々表情が乏しくなります。なので、ロックか、濃い目の水割りなどがおススメです。

ブッシュミルズ まとめ

アイルランド島の北端、冷たい海に面したイギリス領北アイルランド・アントリム州。

この地に立つブッシュミルズ蒸溜所は、1608年創業※とも言われるアイリッシュウイスキー最古の蒸溜所のひとつです。

アイリッシュウイスキーの伝統的な製法である3回蒸溜を守り、モルト原酒の原料には100%アイルランド産のノンピート麦芽を使用することで、軽やかでスムースな口当たりを実現。

それでいてモルトの味わいがしっかりと感じられるのが特徴です。

アイルランドで1850年代に麦芽税が施行されると、多くの蒸溜所では未発芽大麦を使用するようになりましたが、ブッシュミルズは大麦麦芽(モルト)にこだわり続けています。

世界最古の蒸溜所が造る、味わいについても、歴史についてもアイリッシュを語るなら欠かせない一本である「ブッシュミルズ」をぜひ一度味わってみてください。


ブッシュミルズ その他の商品

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CHECK>>ペルノが「ジェムソン ボウ・ストリート18年」数量限定発売!!

 

スポンサーリンク

-アイリッシュ, ウイスキー, ブッシュミルズ
-, ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.