ウイスキー スコッチウイスキー J&B

J&Bレア スコッチ売上世界第5位 特にアメリカで人気が高い1本

投稿日:

J&Bの名前は、製造元のジャステリーニ&ブルックス社のイニシャルに由来。

イエローの地にレッドの文字が鮮やかなラベルは、バーの棚で見つけやすいように考案されたもの。

黄色のラベルには、エリザベス女王の紋章と共に、8人の歴代の王の名前が誇らしげに列記されています。

スペイサイド地方のモルトを核に42種類の原酒をブレンドし、スムースでバランスのとれた味わい。

今回は、特にアメリカ市場で圧倒的な人気を誇るブレンデッドウイスキー「J&B レア」を紹介していきたいと思います。

ジャステリーニ&ブルックス社

同社は1749年にイタリアから恋人のオペラ歌手「マルゲリータ・ベッリーニ」を追いかけてロンドンに来たジャコモ・ジャステリーニによって創業されました。

マルゲリータは彼をサミュエル・ジョンソンに紹介しました。

そしてサミュエル・ジョンソンは彼の将来のビジネスパートナー、サミュエルの甥であるジョージ・ジョンソンに紹介します。

ジョンソンの2世代後に、J&Bのもう一方のイニシャル「アルフレッド・ブルックス」に出会う。

ブルックスは、ジョンソンから会社を買収し、ジャスてりーに&ブルックスと社名を変更しました。

ブルックスは、ウイスキーを商業的に始めてブレンドした「アンドリュー・アッシャー」の事を知り、ブレンデッドウイスキーの開発をアッシャーに任せる。

アッシャーは、彼のビジネスパートナーであるジェームス・アンダーソンと一緒にブレンデッドスコッチ「J&B クラブ」を開発した。

J&Bレアの誕生

アンダーソンの家族の友人、エディ・タサムがJ&B社に入社。

エディは非常に魅力的で、すぐに会社の取締役になりました。

1929年、禁酒法時代のアメリカの裕福な客からの注文を受けた後、エディがブリーフケースに満載のウイスキーのサンプルを持っているところをマンハッタンのグランドセントラル駅で逮捕されてしまい、「J&B レア」ブランドの創設は危機に瀕してしまいました。

その後エディは釈放され、専門知識を持つブレンダー「チャーリー・ジュリアン」と出会い、彼らは禁酒法が解除されるのに間に合うように、「J&Bレア」のブレンディングの開発を始めます。

1933年、アメリカの禁酒法が解除されるとともに、アメリカ市場に向けた新商品「J&Bレア」が登場することになりました。

アメリカ市場に向けてつくられた、ライトタイプのウイスキーは一気に人気を得ました。

現在でも、アメリカで人気上位のスコッチウイスキーとして愛され続けています。

スコッチウイスキー世界第5位の売上

2015年現在、世界でのスコッチウイスキー売上ランキングで、J&Bは第5位です。

かつては世界で第2位だった時代もあったようですが、現在は第5位と少し苦戦しているようです。

J&Bレアの味わいと口コミ評判は!?

J&Bレア詳細

■商品名:J&B レア
(J&B RARE)
■希望小売価格:オープン価格
■仕様:700ml アルコール 40度

J&B レアは「ノッカンドゥ」「オスロスク」「ストラスミル」「グレンスペイ」などスペイサイド地方のモルトを核に42種類の原酒をブレンド。

リンゴや洋梨を想わせるフルーティな香りと、スムースでバランスのとれた味わいが特長です。

コーラ、ジンジャーエール、ソーダなど色々な飲み物との相性も良く、ミックスドリンクとしてもお楽しみいただけます。

香り:リンゴや洋ナシを思わせる、フルーティな香り

味わい:ライトでドライ、スムーズでバランスのとれた味わい

フィニッシュ:さっぱりとしたアフターテイストに、短い余韻

実際に飲まれた方達の口コミ評判を紹介

懐かしい

・何年かぶりで購入してみました。アメリカで評価が高いスコッチらしく、なるほどラベルはハデハデですね。少々の加水で美味しくなるように感じます。メインはスペイサイドとのこと。時にはこんなブレンデッドも良いですね。

・久しぶりに、飲んで見た相変わらずの飲み口の良さで、一安心40年位前と比べると、価格もビックリの安価 常備品にしたいです。

毎日の晩酌用に

・本当はシーバスリーガルやグレンフィディックが好きで毎日食後や夜にストレートで飲みたいのですが、ちょっとお高い。安いけど後味が悪くなく、爽やかでおいしくのめるというのを、いろいろ試しました。これが今のところベストです。

とても飲みやすい

・ロック、ストレート、ソーダ割り、どれも美味しいです。癖がなく淡麗で後味すっきり、ついつい飲み過ぎます。お薦めです(^.^)

・値段の割に飲みやすくて美味しいです。ハイボールで飲んでいます!

J&B レアまとめ

J&Bの名前は1749年に創設された、製造元のジャステリーニ&ブルックス社のイニシャルに由来。

イエローの地にレッドの文字が鮮やかなラベルは、バーの棚で見つけやすいように考案されたもの。

甲類焼酎のJINROと似ていますが、こちらの方が歴史は古いのでJINROがオマージュしたのかな?

黄色のラベルには、エリザベス女王の紋章と共に、8人の歴代の王の名前が誇らしげに列記されています。

スペイサイド地方のモルトを核に42種類の原酒をブレンドし、特にアメリカ市場で圧倒的な人気を誇っているスムースでバランスのとれた味わい。

コーラ、ジンジャーエール、ソーダなど色々な飲み物との相性も良く、ミックスドリンクとしてもお楽しみいただけます。

J&B その他の商品

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CHECK>>カティサーク オリジナル その飲みやすさで世界中で人気の1本!

CHECK>>デュワーズ ホワイト・ラベル 全米で絶大な人気を誇るスコッチ

 

スポンサーリンク

-ウイスキー, スコッチウイスキー, J&B
-, ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.