ウイスキー カティサーク スコッチウイスキー

カティサーク オリジナル その飲みやすさで世界中で人気の1本!

投稿日:

カティサークといえば、山吹色のラベルに白い帆船のマークが印象的。

実際その名前は19世紀後半に中国から紅茶を運ぶレースで大活躍した、世界最速の帆船から取られたもの。

名付け親は画家のジェームズ・マクベイで、帆船の絵や「CUTTY SARK」の文字も彼の手書きによるもの。

当初からアメリカ市場に向けて開発され、飲みやすいライトな味わいが特徴です。

当時主流だったカラメル着色もしない淡いナチュラルカラー。

中心となるモルト原酒はグレンロセスで、スペイサイドのモルトを中心に、穏やかなグレーンがブレンドされています。

涼やかな柑橘系の香りと爽やかな風味が印象的です。

「オリジナル」はシリーズの原点ともいうべき商品で、飲み口がよりスムースで、まろやかなブーケが香ります。

今回は、そんな快速帆船のイメージ通りの爽やかさ「カティサーク オリジナル」について紹介をしていきたいと思います。

カティサークの歴史

カティサークは1923年、ロンドンの食料雑貨商ベリー・ブラザーズ&ラッド社(BB&R社)が開発した自社ブランドです。

BB&R社は、1698年創業の食料雑貨商で、英国王室御用達の勅許を受けた由緒ある会社です。

1923年、禁酒法下のアメリカをターゲットにした自社ブランドとして、当時の社長であるフランシス・ベリーが考案した。

「海の女王」快速帆船カティサーク号

「カティサーク」の酒銘は、『海の女王』と呼ばれた快速帆船に由来。

カティーサーク号は、19世紀後半に活躍した伝説のクリッパー(快速帆船)。

ティークリッパー(中国から紅茶を運ぶ快速帆船)などと呼ばれ、いかに速く走るかに船乗りたちが命を懸けていました。

ウール(羊毛)クリッパーとして活躍していた1887年に、オーストラリアとイギリス間を69日間で結んだ記録は、いまだに破られていない。

BB&R社の昼食会に招待されたジェームス・マクベイという画家が、この船の名前をウイスキーのブランド名にすることを思いついた。

ラベルの帆船のイラストと商品の文字は、このマクベイが書いたものがもとになっている。

酒銘の「カティサーク」の由来

帆船「カティーサーク号」の名前は、ロバート・バーンズの詩「タモ・オ・シャンター」に登場する魔女にちなむ。

カティサーク (CUTTY SARK) とは、スコットランド語で短い (CUTTY) シュミーズ (SARK) の意味。

農夫のタムが馬にのって家路を急いでいると、悪魔や魔法使いが集会をしているところに出くわした。

そこでタムは、カティサークを身にまとった若くて妖艶な魔女に魅了され、思わず手を出そうとした。

そのとたん、にわかに空が暗くなり、魔女たちがタムを捕まえようとした。

タムは馬にまたがり、命からがら逃げ出した。

カティサークの魔女は馬の尾をつかまえたものの、尾が抜けてしまったため、タムは逃げのびることができた。

カティサーク号の船首像はカティサーク(短いシュミーズ)を身にまとった魔女であり、その手には馬の尾が握りしめられている。

禁酒法時代のアメリカに密輸

開発当初からアメリカへの輸出を意識していたため、アメリカで好まれるライトで淡い自然な色合いになったと言われています。

スムーズでライトな飲み口は、まずイギリスで評判となり、すぐにバハマを通して禁酒法時代のアメリカに密輸されました。

これを運んだのがマッコイ船長で、粗悪品がはびこる中、彼が持ち込むウイスキーは本物(リアル)だと言われ、ギャングたちに「リアル・マッコイ」という愛称まで付けられた。

禁酒法時代が終わると、世界的なブランドへと成長。

2010年には、ブランド権がエドリントン・グループ社に移行し、新たなマーケティング戦略が開始されています。

カティサーク オリジナルの味わいと口コミ評判は!?

カティサーク オリジナル詳細

■商品名:カティサーク オリジナル
(CUTTY SARK ORIGINAL)
■希望小売価格:オープン価格
■仕様:700ml アルコール 40度

ライトでスムーズなブレンデッドウイスキーとして、1923年に開発されて以来、全世界にその「飲みやすさ」が広く受け入れられています。

カティサークシリーズの原点ともいうべき商品。

キーモルトは、グレンロセス、ザ・マッカラン、ブナハーブン、タムドゥー、ハイランドパークなど

ストレートよりロック、水割り、ハイボール等でお楽しみください。

香り: ハーブ、バニラ、ほのかなミルクチョコレートを彷彿する香り

味わい:ライトでスムースな味わい

フィニッシュ:ほんのりフルーティなすっきりとした余韻

実際に飲まれた方達の口コミ評判を紹介

飲みやすくて美味しいです

・ウイスキーの嫌な臭みがなく、フルーティーな香りがいいですね!夏はハイボールにしたりしてますが、普段はは水割りでいただいてます。おつまみがなくても、ゆっくりと味を楽しむのも好きです。

毎日の晩酌に飲んでいます

・あたしはこれしか飲みません。毎日美味しいです♪価格もお手頃なので。

・いつ飲んでも美味しいです。飽きもせず毎日毎日毎日飲んでます。休肝日なんかありません(笑)

懐かしくて飲んでみました

・学生時代、男女の素敵な宣伝に魅せられよく頂きました。軽くて飲みやすいのはやはり変わらないですね。

・若い頃はよく飲みました。当時は有名女優さんが宣伝していました。

ハイボールで飲んでます

・ハイボール用に購入しました。すっきり・あっさりしていて、とても飲みやすいです。

・あいかわらずの美味しさに毎日飲んでます☆夏がくる!もっと美味しくなる~♪ハイボール最高♪

カティサーク オリジナルまとめ

山吹色のラベルに白い帆船のマークが印象的なカティサーク。

名前は19世紀後半に中国から紅茶を運ぶレースで大活躍した、世界最速の帆船に由来。

アメリカ市場に向けて開発された、飲みやすいライトな味わいが特徴。

中心となるモルト原酒はグレンロセスで、スペイサイドのモルトを中心に、穏やかなグレーンがブレンドされています。

「オリジナル」はシリーズの原点ともいうべき商品。

ライトボディで甘く、柑橘系でフローラルな香りが漂う飲みやすさ。

女性も飲みやすい、オシャレな1本です。

爽やかに味わえるハイボールがオススメです♪

カティサークその他の商品

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CHECK>>ザ・グレンロセス ヴィンテージ1998ブレンダーが絶賛するハイクオリティ!

スポンサーリンク

-ウイスキー, カティサーク, スコッチウイスキー
-, ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.