アイリッシュ ウイスキー ジェムソン 新商品情報

ペルノが「ジェムソン ボウ・ストリート18年」数量限定発売!!

更新日:

アイリッシュウイスキー売上№1ブランドとして世界中で愛飲されている「ジェムソン」。

1780年にジョン・ジェムソンがアイルランドの首都ダブリンの「ボウ・ストリート」にジェムソン蒸溜所を創業。ジェムソン ボウ・ストリート蒸溜所は約200年稼働した後に、ジェムソン社のウイスキー製造をアイルランド南部コーク市のミドルトン蒸溜所に引き継ぎました。

「ジェムソン」では、この誕生の地への敬意を表し、ボウ・ストリート旧蒸溜所で仕上げられた「ジェムソン ボウ・ストリート18年」を数量限定で発売しました。

ジェムソン ボウ・ストリート18年のこだわり

ジェムソン誕生の地、ダブリンで熟成

ミドルトン蒸留所で3回蒸留し熟成したウイスキーを、ダブリンのボウ・ストリート旧蒸留所へ移し、さらに熟成して仕上げました。

1970年代の蒸留所閉鎖以来、長い時を経て再びダブリンから希少なウイスキーが誕生しました。

少量生産、クラフトの極み

ボウ・ストリート旧蒸留所の熟成スペースは大変狭く、一度に熟成できる樽の数は最大で72樽です。

そのため、『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』は極めて限られた数量しか製造されず、数量限定となります。

定番商品初のカスクストレングスのウイスキー

加水によるアルコール度数の調整をせず、熟成した樽から瓶詰めを行います。「ジェムソン」の定番商品としてのカスクストレングスの発売は初めてであり、ラインナップの最上位に位置づけられます。

こだわりのパッケージデザイン

❶ 多面体のボトル
ボトルの18面は、上質なオーク樽で熟成された18年の時を表しています。

❷ ポットスチルを表す銅板
木箱の蓋は、レーザーでエッチングした銅板を採用。この特別なウイスキーの蒸留に使われた銅製ポットスチル(蒸留器)をイメージしています。

❸ ボウ・ストリート蒸留所の地図が刻まれた木箱
アイリッシュウイスキーの聖地に親しみを感じられるよう、ジェムソンボウ・ストリート蒸留所の地図をレーザーで刻みました。

❹ インビテーションの発見
木箱の底にはめ込まれた銅メダル上のコードを使ってオンラインブランド体験が楽しめます。

※言語は英語のみです。

ジェムソン ボウ・ストリート18年の味わいは!?

ミドルトン蒸溜所で3回蒸留、ヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽で18年以上熟成。

首都ダブリンのボウ・ストリート旧蒸溜所に移し、ファーストフィルのバーボン樽でさらに熟成をさせています。カスクストレングスで瓶詰。

※カスクストレングスとは
蒸溜新酒を、樽に詰めて熟成させ、熟成のピークに達した時点で直接瓶詰めした場合のアルコール度数のこと。アルコール度数は、熟成期間中に1樽ごとに異なってくる。したがって同一蒸溜所で、同一期間に蒸溜した酒のすべてが、同一カスク・ストレングスで仕上がる可能性はごく少ないです。

香り:樽を感じさせる豊かな香りに、深みのあるトフィーとスパイスの香りが重なる。

味わい:香りに続くトフィーとオークの味わいと共に、レザーとバニラがほのかに漂い、さらにシェリー由来のわずかなナッティさが芳醇さと複雑さを醸し出す。

フィニッシュ:甘いトフィーに始まり、徐々に現れるトーステッドオーク由来の味わいとスパイシーさが、最後まで余韻として長く続く。

ジェムソン誕生の地へオマージュを捧げるプレミアムな逸品、『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』をぜひお試し下さい。

ジェムソン ボウ・ストリート18年のまとめ

18世紀のアイルランドはウイスキー発祥の地として知られ、ダブリンのウイスキーは世界最高と見なされていました。スコットランド人のジョン・ジェムソンがアイルランドへ渡り、偉大なアイルランドの伝統を受け継いで、「ジェムソン」を完成させました。

ピートを使わず、大麦、モルト、グレーンの3つを原料とし、3回蒸留によって造られる「ジェムソン」の豊かな香味とスムーズな味わいは、No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛されています。

「ジェムソン」の特徴であるスムースでバランスの良い味わいはそのままに、さらに豊かな個性を持ったウイスキーが出来上がりました。スパイシーで樽由来のトフィーを感じるアロマや、芳醇で複雑な風味が広がり、長い余韻が最後まで感じられます。

この蒸溜所の他のウイスキー

スポンサーリンク

-アイリッシュ, ウイスキー, ジェムソン, 新商品情報

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.