アイラ シングルモルト ラフロイグ

ラフロイグ10年シングルモルトウイスキー初の英国王室御用達のモルト蒸留所

更新日:

シングルモルトウイスキーを飲み始めると、ハイランド・スペイサイドなどの名産地と並んでアイラという地区の名前を耳にすることがあると思います。

このアイラという島のウイスキーは他のモルトにはない「アイラ」だからこその味わいがあります。

今回取り上げるのはラフロイグ10年。アイラモルトの王とも呼ばれ、比較的色々なお店で並べられているラフロイグ10年についてその味わい、特徴や口コミなどをご紹介します。

ラフロイグ蒸留所

ウイスキーの聖地、アイラ島にある王室御用達のモルト蒸留所。

1815年の創業。19世紀後半からブレンデッドウイスキー作りに多大な貢献をしてきた蒸溜所。力強い酒質は非常に伸びが良く、フレーバーの特色を得るために、または隠し味として、スコッチウイスキーのブレンダー達にとって重宝されるモルトウイスキーとして人気を博している。

さらには1900年代初頭のアメリカ禁酒法時代には薬用酒として輸出を行っていた。アメリカ当局は、薬品の様な香りの「ラフロイグ」には薬用効果があると認めていたためである。

こういった香りの特性と歴史的エピソードが、昔から『好きか、嫌いか』意見が分かれる要因になっている。

シングルモルトウイスキー初の英国王室御用達

英国の王室御用達は現在、エリザベス2世女王、エジンバラ公、プリンス・オブ・ウェールズであるチャールズ皇太子の3方が決定する。

「ラフロイグ」はチャールズ皇太子から品質の高さと香味の豊かさが認められ、1994年、シングルモルトウイスキーとして初の王室御用達許許可証を下賜されました。蒸溜所の建物の外壁にダチョウの羽を3本あいらった別名『平和の楯』と呼ばれるプリンス・オブ・ウェールズの紋章が飾られています。

皇太子は自ら買い付けに蒸溜所を訪れることもあり、年によっては1,000本もボトルをオーダーすることもある。新製品開発時には必ずチャールズ皇太子に試飲をしてもらうことも慣例となっている。

ラフロイグ独自の製法

際立つピート香と潮の香り

仕込水はピート層を浸透してきたもので、独自の香味特性を生むうえで極めて重要な原材料です。まさに生命の水。

麦芽乾燥に使用するピート(泥炭)はアイラ空港近くの湿原にある専用採掘場から掘り出したものを使用する。ツツジ科のヘザーとコケ類、海藻をも含んで生成した他に比べて水分量の多いピートを使っている。

大麦の85%は近くのポートエレンに麦芽製造を委託しているが、残りの15%を自社で製麦している。この15%が大きな意味を持つ。

最近では少なくなった蒸溜所でおこなう古典的なフロアモルティングは、ピート成分の溶け込んだ水をたっぷりと含んだ大麦を床に広げ、職人が8時間おきにすき返して発芽を促す。ほどよく発芽したところでキルン(麦芽乾燥塔)の下にある乾燥室で発芽を止める。乾燥に約30時間を要する。

まず大麦が湿っている最初の12時間、「ラフロイグ」専用ピートを焚き、ピート香をよく付着させて高いフェノール値を得る。次に18時間、ピートの熱とともに入り江から吹き込む潮風も取り込み、甘みを含んだ燻煙で独自の麦芽をつくりあげていく。
フェノールの濃度は40~45ppmだが、数値でははかれない風味が「ラフロイグ」の麦芽にはある。

ラフロイグの経験に裏付けされたスモーキー

製麦が終了すると麦芽を粉砕し、ピートの溶け込んだ仕込み水の温水とともに糖化槽に投入する。でんぷん質を糖分に変える糖化工程を行う。

やさしくかき混ぜ、そしてゆっくりと濾過し麦汁を採取する。

麦汁は発酵の工程へ。麦汁に酵母を加え、温度管理に細心の注意を払いながら約55時間をかけ、アルコール分約8.5%のウォッシュ(発酵液・醪/もろみ)を造る。

そこから蒸溜。ポットスチル(蒸溜器)はアイラの蒸溜所の中で最も小型で、ストレート型の初溜器3基、ランタン型の再溜器4基の計7基を稼働させている。初溜でアルコール分約22%となり、再溜により約67%のニューメイクが樽に詰められる。

銅のくびれたランタン型の再溜器の形状がスモーキーな香味特性に影響を与えていると言われる。またニューメイクのカットが通常のタイミングより遅くおこなわれ、最後のほうにカットされる高いフェノール値の蒸留液を取り込んでいるとも言われている。これは長年にわたる経験がもたらしたものといえる。

バーボン樽がもたらす深遠

出来上がった原酒は樫樽に詰められ、熟成という長い年月に身をゆだねる。
貯蔵樽のほとんどにバーボン樽の1st.フィルを使用する。1st.フィルとはホワイトオーク材のバーボンの熟成に1度使用された樽で、最初に樽詰めされたものだけを使うこと。

1st.フィル・バーボン樽は、「ラフロイグ」にバニラの甘さ、クリームの滑らかさを与える。これが単にピィーティでスモーキーといった強さだけでなく、優しさのある深遠な香味を生む大きな要因と言われている。仕込みから蒸溜までの工程はもちろん、貯蔵工程によっても重層的な、深く厚みのある香味を築いていくことになる。

バーボン樽が主体ですが、ヨーロピアンオーク材のシェリー樽、さらには甘口シェリーとなる白ぶどう品種のペドロ・ヒメネスを詰めた後のシェリー樽など、幅広いタイプの樽で熟成し、新しい香味を生むチャレンジも行われている。

ラフロイグ10年 味わいと口コミ評判は!?

「アイラモルトの王」の異名を持ち、世界中にファンがいる。
ピートの効いた麦芽から生み出されるシングルモルト。爽快なピート香や磯の香りのような個性的な味わいで、ややオイリーで濃厚なコクがある。

色:濃い金色

香り:爽快なピート・磯

味:滑らかでややオイリーなコク

フィニッシュ:海藻を思わせるユニークな心地よい後味

実際に飲まれた方達の口コミ評判をご紹介します。

アイラ系ウイスキーを飲み、はまりました

・ラフロイグはやはりこれこれ!という鼻を抜ける燻製臭。おいしいお酒です。

ハイボールがおすすめ!

・飲み始めて100本くらいは飲んでいると思う。私にとっては常備薬。特に暑い季節のハイばおーるはたまらなく美味しい。

かなり好みは分かれると思う

・自分はピート臭が大好きなのでお気に入りです。

旦那の誕生日の誕生日プレゼントに

・正露丸みたいな匂いで、私には何が良いかわかりませんが(-.-;)本人はとても喜んでおります。好きな人にはたまらないらしいです。

ラフロイグをロックで飲むのが好き

・毎晩チビチビのんでます。クセがあるのにちょっと甘い。おススメです。

・最初はクセのある香りだと思いましたが、飲んでいるうちに見事にハマってしまいました!

スモーキーの香りが強い、少し苦手な味わい

・普段、グレンリベット12年や、グレングラント10年を好んで飲んでいる者からしたら、スモーキーの味と香りが強すぎました。

ラフロイグ10年まとめ

一度飲んだら忘れられない個性的なピート香で「好き嫌いが分かれる」と言われるアイラモルト。

その中でも、ピート香が強く、潮の香りで世界中のファンを魅了しつづる「ラフロイグ」はアイラらしい1本を楽しむには最適な一本と言える!

スポンサーリンク

-アイラ, シングルモルト, ラフロイグ
-, ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.