ウイスキー ザ・グレンリベット シングルモルト スペイサイド 新商品情報

ザ・グレンリベット シングルカスク 2019 日本限定 470本のみ発売

更新日:

ペルノ・リカール・ジャパンは、シングルモルト・ウイスキー「ザ・グレンリベット」から、日本市場限定品『ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411)』を2019年4月8日(月)から数量限定で発売する。

販売本数は1樽分のなんと470本のみ。

店頭での購入は難しいと思われるので、ネットショップでの販売に期待しましょう。

こだわりのバーで見つけることが出来たら、ラッキーなのでチャレンジしてみましょう!

ザ・グレンリベット蒸留所

1824年に英国政府公認第一号の蒸留所として認められたジョージ・スミスのウイスキーは密造酒からスコッチ・ウイスキーへとその姿を変えました。当時、評判を得ていたウイスキーの品質を落とすことなく、合法的に"グレンリベット"として生まれ変わり、そのウイスキーの名前は世界に知られていきました。

しかし、その品質の高さと英国政府の公認第一号のスコッチウイスキーの名声にあやかろうと他の蒸留所が競い合うように"グレンリベット"の名前を自分たちのウイスキーの名前に使用していきます。アベラワー・グレンリベット、アルトモア・グレンリベット、バルメニャック・グレンリベットなど、実にその数は25にも及びました。こういった模倣者たちは、"グレンリベット"の名前を使用するだけに留まらず、"ジョージ・スミスのウイスキー"のスタイルそのものの模倣まで試み始めました。

そんな状況下で、自分のスタイルのウイスキーを守るために裁判所に提訴しました。その争いは長い年月を要しましたが、1884年、息子のジョン・ゴードン・スミスの時代についに判決が下り、"ジョージ・スミスのウイスキー"だけが本物の証拠である定冠詞の"THE"をつけることが認められ、唯一無二の本物の"THE GLENLIVET"となりました。

創業者ジョージ・スミスの卓越したウイスキー造りの技術と情熱とスピリッツによって生まれた、スコッチ・ウイスキー"THE GLENLIVET"は、現在もジョージ・スミスの残したすべての技術と精神を頑なに守り、継承しながら製造されています。

ザ・グレンリベットの原料へのこだわり

バーレー(大麦)、水そしてイースト、これがシングルモルトを作るのに必要なすべてです。しかし、ザ・グレンリベットに独特な絶妙なフレーバーと品質をもたらすのは、職人の技です。ザ・グレンリベット蒸留所では、創業以来、この手法を完成させることに努めてきました。

プロのモルトスターが、リッチなスコットランドの大麦を数日間水に浸けて発芽させます。芽が現れると、バーレーは、”モルト”になる時点まで、加熱されて乾燥されます。

他の蒸留所と違い、ザ・グレンリベット蒸留所はこの乾燥工程にピートを使いませんので、大麦の自然のフレーバーとアロマが保持されます。

ザ・グレンリベットの蒸留

蒸留には2段階あり、まずウォッシュを銅製のポットスチル(単式蒸留器)で、水より沸点の低いアルコールが蒸発するまで加熱します。ザ・グレンリベットの蒸留器は、ジョージ・スミスが初めて設計した独自のランタンの形をしたもの。ネック部分の幅で、解毒作用のある銅と最大限接触させるようにしてあります。蒸留器の高さにより、最も軽い蒸気だけが最上部に昇り、そこで冷却され、凝縮されてアルコール含有量が約20〜22%の”ローワイン”となる。

第2段階では、ローワインをスピリッツ・スチルの中で蒸留します。冷却されるとその液体を”カット”して、ヘッド(最初に出てくるアルコールの多い液体)、ハート(適度の強度と品質を持った好ましい液体)そしてテイル(最後に出てくる使用できない液体)を分離します。先端部と後部はリサイクルされ、中心部の良い部分のみをスピリッツ受液槽に入れる。

ザ・グレンリベットの熟成へのこだわり

ヨーロピアン・オークとアメリカン・オークで作られた樽の組合せを注意深く選択して、製品それぞれに独自の特徴を持たせるようにしています。

ウイスキーの熟成には設定期間があります。12年、25年またはそれ以上です。ウイスキーが最も多くフレーバーを生成するのが熟成期間です。

熟成の間、ウイスキーは、信じられないほどゆっくりとですが、絶え間なく蒸発します。この”エンジェルシェア(天使の分け前)”で、毎年数千ガロンが失われることになります。しかし、これはウイスキーの神様たちを慰め、ザ・グレンリベットの遺産を存続させるために価値のあることです。

ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411) 詳細

■ 商品名: ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411)
■ 発売時期: 2019年4月8日(月)からメーカー出荷開始
■ 販売数量: 日本市場限定 470本のみ(1樽分)
■ 参考小売価格: 43,000円(税別)
■ 容量: 700ml
■ アルコール度数: 55.4度(カスクストレングス)

1824年の創業以来、全てのシングルモルトの原点として世界中で愛されている「ザ・グレンリベット」では、モルト愛飲家たちからの熱望に応え、国や地域限定で発売する「シングルカスク」をシリーズ展開している。
※「シングルカスク」とは、一つの樽のみから瓶詰めした希少価値の高いウイスキーのこと。

今回発売される『ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411)』は、ザ・グレンリベット蒸留所のマスターディスティラー、アラン・ウィンチェスターが日本のシングルモルトウイスキー党のためにシェリー樽で21年以上熟成した特別で希少な1樽を選び出し、カスクストレングス(加水調整せず、樽からそのまま瓶詰め)でボトリング。

冷却濾過しないノン・チルフィルタード製法で、本来のフレーバーを生かした豊かな味わいに仕上げています。

店頭での購入は難しいと思われます。ネットショップでの販売を期待しましょう。

こだわりのバーで見つけることが出来たら、ラッキーなのでチャレンジしてみましょう!

現在購入できる過去のシングルカスク限定品

スポンサーリンク

-ウイスキー, ザ・グレンリベット, シングルモルト, スペイサイド, 新商品情報
-, , , , ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.