ウイスキー オールド・プルトニー ハイランド 新商品情報

北の強者オールド・プルトニーが3種新商品発売、デザインも一新!

投稿日:

北ハイランド地方の港町「ウィック」に位置するプルトニー蒸留所で造られるシングルモルトウイスキー「オールド・プルトニー(OLD PULTENEY)」。

同蒸溜所は新商品「ハダート」「15年」「18年」の 3 アイテムを新発売、基幹商品の12年も含み、パッケージデザインが全て一新されました。

オールド・プルトニーといえばボトルの膨らんだ形状が印象に残るシングルモルトブランド。独特の潮の香りやオイリーさ特徴。

そんなオールド・プルトニー蒸留所から今回は、新商品3アイテムを紹介していきます。

オールド・プルトニー蒸留所

1826年、ジェームス・ヘンダーソンによって創業された、最も古い蒸留所の1つ。

スコットランド本島でも北端の港町、ピートと岩が多い事で有名なケースネス州ウイックの港を見下ろす高台にあり、『北の強者』の異名を持っています。

昔からヨーロッパでも有数の港町で、ニシン漁で知られていました。樽やウイスキーの出荷は港から行われていました。

酒銘は町づくりを推進し、当地の発展に貢献した国会議員サー・ウィリアム・プルトニーに由来。敬意を込めて命名されました。

創業から1世紀はヘンダーソン家が所有する蒸留所でしたが、1955年にハイラム・ウォーカー社の所有となり、その後1995年にインバーハウス社が買収しました。

ハイラム・ウォーカー社の時代にはシングルモルトは発売されていませんでしたが、インバーハウス社に所有になってから蒸留所元詰めの12年物や15年物が発売されるようになりました。

特徴的な曲線のポットスチルとボトル形状

ボトルの特徴的な曲線、首のふくらみは、オールド・プルトニー蒸留所独特のカーパー(銅製)ポットスチルをイメージして作られています。この蒸溜器によって、オールドプルトニー独自の味わいが得られます。

アイランズモルトに近い潮や海草の香り

ハイランドモルトというよりはアイランズモルトに近く、かなりきつめの塩辛さが特徴的で、その一方でハイランドモルトの優しく滑らかな口あたりが膨らみ、見事な調和を成しており、とても複雑な味わいが楽しめます。

端的いえば、 麦芽や熟成による甘さと、潮っけや潮辛さやスモーキーさ…と言う相反する特徴を持ち合わせています。

キーモルトとして優れた個性を発揮し、オールドプルトニーはスキャパやバルブレア、アードベッグと同様にバランタインの主要原酒として重要な役割を果たしてきました。

気になる新商品3アイテムの特徴は?

オールド・プルトニー ハダート

容量:700ml アルコール分:46%

参考小売価格:7,000円(税抜)

潮風とアメリカンオークが融合した独特のフレーバーを持つウイスキー。柔らかなシトラスの風味がダークキャラメルの甘さとクリーミーなバニラのフレーバーと合わさってリッチで力強いテイスト。

 

オールド・プルトニー 15年

容量:700ml アルコール分:46%

参考小売価格:13,000円(税抜)

海岸で熟成されている影響を顕著に感じられる。リッチなドライフルーツ、完熟のリンゴとシトラスの風味が前面にあり、ハチミツとクリーミーなバニラのフレーバーがやってきた後、チョコレートとフローラルな風味が顔を出す。濃厚でバランスのとれたテイスト。

 

オールド・プルトニー 18年

容量:700ml アルコール分:46%

参考小売価格:18,000円(税抜)

贅沢の極み。チョコレートとクリーミーなバニラがハチミツの甘さと華やかなスパイスの風味と合わさり、爽やかなシトラスとリンゴが最後に感じられる。濃厚で温かみのあるテイスト。

3種類とも発売日は、2019年1月29日から

Check>>[関連記事]オールド・プルトニー12年海岸近くの蒸留所特有の潮の香り

スポンサーリンク

-ウイスキー, オールド・プルトニー, ハイランド, 新商品情報
-, , , ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.