アイラ アードベッグ シングルモルト

アードベッグ10年一度飲んだら忘れられない強烈なスモーキーさ

更新日:

世界で最もピーティーでスモーキーな、究極のアイラモルト・ウイスキー「アードベッグ」。

クセになる個性的な味わいから、“アードベギャン”と呼ばれる熱狂的なファンに愛されるカルト的な存在であり、世界130ヶ国10万人のコミッティーメンバーに支持される。

今回は世界が熱望する究極のアイラモルト「アードベッグ10年」について人気の味わい、特徴や口コミなどをご紹介します。

アードベッグ蒸留所

1815年創業。アードベッグとはゲール語で「小さな岬」を意味し、蒸留所はアイラ島南岸にある小さな岬に建っている。蒸留所は数奇な過去をたどり、80年代には閉鎖を余儀なくされたこともありました。操業停止と再会を繰り返した末、1997年にグレンモーレンジィ社に買収され、それ以降の生産量は安定しています。

現在の生産量は年間約100万リットルで規模としては、アイラ島8つの蒸留所の中でキルホーマンに次いで、2番目に小さい生産量です。

75%が自社のシングルモルトとブレンデッド用で25%がカスタマー用。シーバスリーガルやバランタイン、ディアジオ社のブレンド用にも使われている。

最もピーティーでスモーキー

アイラ島ではウイスキーの製造工程の中で、原料となる大麦麦芽を乾燥させる燃料として、ピート(泥炭=植物が腐食した堆積物)が使われてきました。
このピートが、アイラモルト独特のスモーキーさを生み出す最大の要素です。

その中でもポートエレンで仕上げたフェノール濃度55-60ppmで炊き込まれたアードベッグは、スコットランドで最もピーティーなシングルモルトとして高く評価されています。

※アードベッグのピートレベル 50-65ppmはスコットランドの定番ウイスキーの中では最も高い値です。(限定品の中には100ppmを超えるものもある)

ピーティー・パラドックス(矛盾)

蒸留器(再留釜)に設置された精留器(ピューリファイア)が、ウイスキーにフルーティーでフローラルな甘さと複雑さを与えてくれます。

アードベッグは強烈にスモーキーでありながら、繊細な甘さを持つことで高く評価されていて、ピーティー・パラドックス(矛盾)として親しまれています。

アードベッグ究極のレシピ

シングルモルトで最も高いレベルのフェノール値、蒸留所が所有する水源ウーガダール湖の軟水の仕込み水がウイスキーになめらかな質感を与えるといわれる。

オレゴン松の発酵槽、テクスチャを最大限に引き出すためのノン・チルフィルター、そして作り手の情熱。

まさに究極のアイラモルトを生み出すレシピといえる。

アードベッグ10年 味わいと口コミ評判は!?

最もピーティーでスモーキーなシングルモルトとして世界中で愛されるアードベッグ。

強烈なスモーキーさを誇りながらも、モルト由来の繊細な甘さが見事に調和した複雑な味わいで、アードベッグ・ファンがこよなく愛する「テン」です。

2008年ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー受賞。

実際に飲まれた方達の口コミ評判をご紹介します。

アイラ島の物は好き嫌いがはっきりする

・アードベックは癖が非常に強く、好き嫌いがはっきりするものだ。

素晴らしい!最近はまっています

・アイラではダントツに美味しいです。強烈なスモーキー、ヨード 香り、加水するとはちみつのような甘さが湧き出てきます。男のウイスキー...こんなテイストを生み出せる事に驚きを隠せない。

このアードベッグTENはやめられません

・相変わらずのこの味、スモーキーさは一番です。

ピート臭マニアには、絶対のウイスキー!

・アイラモルトの代表的なウイスキーです。 癖が欲しい人はまちがいなくチョイスした方が良いですね!

アードベッグはほぼ麻薬!

・最高ですね。 アイラ好きを自認してますが、 こいつが好きなだけかも。

アードベッグ10年まとめ

アイラモルトの激しい個性を知る荒々しく刺激的な一本。

アードベッグ10年のオフィシャル・ボトルは一度終売になっていましたが、2000年から再発売となりました。

再開後は自社での麦芽乾燥をしなくなったため、以前の物よりは少し大人しくなった感じがしますが、親会社のモーレンジの流れを汲んだ味わいが加わり、きれいなモルトとなりました。

アイラを語るうえで、避けては通れない個性派です。クセになる味わいをぜひ一度お試しいただきたいです。

スポンサーリンク

-アイラ, アードベッグ, シングルモルト
-, ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.