ザ・グレンリベット シングルモルト スペイサイド

ザ・グレンリベット12年英国政府公認第1号蒸留所元祖シングルモルト

更新日:

1824年創業。グレンリベットとはゲール語で「静かな渓谷」の意味。密造酒時代が終焉し、英国政府公認第1号蒸留所となって以降、シングルモルトの元祖として国王ジョージ4世を含めてモルト愛好家に愛され続けている人気の蒸留所。

今回はその中でも、ザ・グレンリベット蒸留所の定番、ザ・グレンリベット12年をご紹介します。

ザ・グレンリベット蒸留所

1824年に英国政府公認第一号の蒸留所として認められたジョージ・スミスのウイスキーは密造酒からスコッチ・ウイスキーへとその姿を変えました。当時、評判を得ていたウイスキーの品質を落とすことなく、合法的に"グレンリベット"として生まれ変わり、そのウイスキーの名前は世界に知られていきました。

しかし、その品質の高さと英国政府の公認第一号のスコッチウイスキーの名声にあやかろうと他の蒸留所が競い合うように"グレンリベット"の名前を自分たちのウイスキーの名前に使用していきます。アベラワー・グレンリベット、アルトモア・グレンリベット、バルメニャック・グレンリベットなど、実にその数は25にも及びました。こういった模倣者たちは、"グレンリベット"の名前を使用するだけに留まらず、"ジョージ・スミスのウイスキー"のスタイルそのものの模倣まで試み始めました。

そんな状況下で、自分のスタイルのウイスキーを守るために裁判所に提訴しました。その争いは長い年月を要しましたが、1884年、息子のジョン・ゴードン・スミスの時代についに判決が下り、"ジョージ・スミスのウイスキー"だけが本物の証拠である定冠詞の"THE"をつけることが認められ、唯一無二の本物の"THE GLENLIVET"となりました。

創業者ジョージ・スミスの卓越したウイスキー造りの技術と情熱とスピリッツによって生まれた、スコッチ・ウイスキー"THE GLENLIVET"は、現在もジョージ・スミスの残したすべての技術と精神を頑なに守り、継承しながら製造されています。

ザ・グレンリベットの原料へのこだわり

バーレー(大麦)、水そしてイースト、これがシングルモルトを作るのに必要なすべてです。しかし、ザ・グレンリベットに独特な絶妙なフレーバーと品質をもたらすのは、職人の技です。ザ・グレンリベット蒸留所では、創業以来、この手法を完成させることに努めてきました。

プロのモルトスターが、リッチなスコットランドの大麦を数日間水に浸けて発芽させます。芽が現れると、バーレーは、”モルト”になる時点まで、加熱されて乾燥されます。

他の蒸留所と違い、ザ・グレンリベット蒸留所はこの乾燥工程にピートを使いませんので、大麦の自然のフレーバーとアロマが保持されます。

ザ・グレンリベットの蒸留

蒸留には2段階あり、まずウォッシュを銅製のポットスチル(単式蒸留器)で、水より沸点の低いアルコールが蒸発するまで加熱します。ザ・グレンリベットの蒸留器は、ジョージ・スミスが初めて設計した独自のランタンの形をしたもの。ネック部分の幅で、解毒作用のある銅と最大限接触させるようにしてあります。蒸留器の高さにより、最も軽い蒸気だけが最上部に昇り、そこで冷却され、凝縮されてアルコール含有量が約20〜22%の”ローワイン”となる。

第2段階では、ローワインをスピリッツ・スチルの中で蒸留します。冷却されるとその液体を”カット”して、ヘッド(最初に出てくるアルコールの多い液体)、ハート(適度の強度と品質を持った好ましい液体)そしてテイル(最後に出てくる使用できない液体)を分離します。先端部と後部はリサイクルされ、中心部の良い部分のみをスピリッツ受液槽に入れる。

ザ・グレンリベットの熟成へのこだわり

ヨーロピアン・オークとアメリカン・オークで作られた樽の組合せを注意深く選択して、製品それぞれに独自の特徴を持たせるようにしています。

ウイスキーの熟成には設定期間があります。12年、25年またはそれ以上です。ウイスキーが最も多くフレーバーを生成するのが熟成期間です。

熟成の間、ウイスキーは、信じられないほどゆっくりとですが、絶え間なく蒸発します。この”エンジェルシェア(天使の分け前)”で、毎年数千ガロンが失われることになります。しかし、これはウイスキーの神様たちを慰め、ザ・グレンリベットの遺産を存続させるために価値のあることです。

ザ・グレンリベット12年 味わいと口コミ評判は!?

ザ・グレンリベットの特徴的なスタイルを代表する、このクラシック・モルトは、主としてアメリカン・オークの空き樽で熟成されます。

それらにより、バニラの口当たりと独特のスムースさが与えられます。ジョージーの湧水から出る、ミネラル分の豊富な水が、マッシングと発酵の過程でフレーバーを形成し、同時に銅製の蒸留器の特別な高さと幅が、デリケートかつ複雑なテイストが醸し出されています。

色:あざやかで明るい金色

香り:フルーティ

味:ザ・グレンリベット特有のバニラ、はちみつの甘さを伴う芳醇でソフトな風味

フィニッシュ:柔らかく滑らかな余韻

実際に飲まれた方達の口コミ評判をご紹介します。

シングルモルトウイスキーに挑戦したくて購入

・ウイスキー初心者にオススメとネットで見て購入。 ロックもハイボールもどちらも美味しかったです。

・最初にグラスに注ぐ時のトクトクという音がなんとも言えず、香りは少し離れた場所まで優雅に漂います。飲みやすく美味しかったです。

飲みやすくて美味しい

・クセがなく飲みやすい、美味しいウイスキーなので、スコッチを飲みなれていない人にもオススメです。

・スペイサイド地区の代表的なシングルモルトウィスキーのひとつで、一番癖がなく素直だと思う。

思い出のシングルモルト

・ちょっといい酒を飲めるようになった二十代半ば、馴染みのマスターが教えてくれたシングルモルト。スッキリとして、凛とした味わいはブレンドとは全く違うものでした。

深く考えずに飲めるのでラク

・いつ、どんな気分のときに飲んでも、安定してうまい。「今日は絶対グレンリベットを飲みたい」という気持ちにはなりにくい(個性がウリではない)反面、飲んだ後で「別のを飲みたかったな」と思わされることがない。

ハイボールもオススメ!

・ロックで味わうのが通常ですが、私は炭酸水と半々で割って飲んでいます。

・少し贅沢かなと思いますが、シングルモルトの中では比較的購入しやすい価格なので、暑い季節にはリッチなハイボールを楽しんでいます。

ザ・グレンリベット12年のまとめ

スムースで、バランスの取れた、フルーティーなウイスキー。
贅沢な気分を楽しめます。

Kindred Spirits社のポール・パカルト氏は、「スペイサイドの最も代表的なモルトの一つ。一見複雑そうに見えるが、ザ・グレンリベット12は、最も高級かつ洗練されたモルトの一つです」と評しています。

全てのシングルモルトはここから始まったと言っても過言ではない英国政府公認第1号蒸留所。シングルモルトを語るなら、ぜひ飲んでいただきたい定番銘柄です。

スポンサーリンク

-ザ・グレンリベット, シングルモルト, スペイサイド
-, ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.