ウイスキー カーデュ シングルモルト スペイサイド

カーデュ ライトでスムーズな飲み口、モルト入門編としてもおすすめ

投稿日:

スペイ川沿いにある「黒い岩」をゲール語で「Cardow」と言い、これが酒銘の由来。

1811年に農家を営んでいたジョン・カミングが農業のかたわらでウイスキー造りを始め、1824年に政府公認蒸溜所として本格的に始動しました。

ジョニー・ウォーカーのキーモルトとして有名な高品質ウイスキーを生み出す『カーデュ蒸溜所』(CARDHU)。

今回は、そんなカーデュ蒸溜所のフラッグシップボトルである「カーデュ 12年」を紹介したいと思います。

カーデュ蒸溜所

蒸溜所の経営はジョン・カミングの息子ルイス・カミングへと引き継がれ、ルイスが亡くなった後は妻のエリザベス・カミングが蒸留所を増築し、19世紀後半まで毎年3倍の売上を記録する等、蒸溜所の成長に貢献し、トップモルトの地位を確立しました。

その成功は大企業の注目を集め、1893年にジョン・ウォーカー&サンズ社に買収されることに…。

カーデュ12年の味わいと口コミ評判は!?

ライトからミディアムなフレーバー、麦芽風味の甘さとバニラが強調されています。シロップのような甘さが長く残りますが、ほのかなピート香を伴います。やや辛口でスパイシーに変化します。

香り:ライトでスモモのニュアンス。穏やかなタッチのスモーク香。

味わい:ライトからミディアムなフレーバーに、麦芽風味の甘さとバニラが強調される。

フィニッシュ:ピート香を伴う甘さが残るアフターテイストの後、やや辛口のスパイシーな風味に変化。

実際に飲まれた方達の口コミ評判をご紹介します。

また次も買いたいと思います

・フルーティな余韻でとても飲みやすいお酒でした。ロックで飲むのであっという間になくなりそうです。リピート決定です。

甘みを感じました

・リンゴっぽい風味がし、爽やかな甘みが感じとれます。加水するとさらに甘みを感じました。かなり飲みやすいスコッチだと思います。

・ほのかな甘さ。女性向き。ボトルがおしゃれ。

そこそこだと思います

・ジョニクロの原酒ということで購入しました。味はそこそこ、好き嫌いがわかれると思います。

飲みやすいウイスキー

・開栓時、花のような香り、口当たりはスムーズでライトですが喉ごしは若干辛めに感じました。ウイスキーはアイラ系中心にロックかストレートで呑みますが、これは全然癖がなく飲みやすすぎて一回で半分ほど…たまに呑みたくなる銘柄になりました(^.^)

・味はピートの苦味控えめで、香りはリンゴに似たような感じもしますが、喉ごしがブランデーに似てる気がします。素人な感想なのかもしれませんが、値段的にもアリな買い物かな?って思います。だが、同じ12年のマッカランの濃厚なフルーティーには勝てない感じかな?

カーデュ蒸溜所のまとめ

スペイ川沿いにある「黒い岩」をゲール語で「Cardow」と言い、これが酒銘の由来。

1811年に農家を営んでいたジョン・カミングが農業のかたわらでウイスキー造りを始める。1824年に政府公認蒸溜所として本格的に始動しました。

ライトでスムーズな飲み口。華やかさのある美酒で、シングルモルト初心者にも飲みやすい。ジョニー・ウォーカー黒ラベルの重要なキーモルトとしても有名な「カーデュ」をぜひ一度味わってみてください。

この蒸溜所の他のウイスキー

スポンサーリンク

-ウイスキー, カーデュ, シングルモルト, スペイサイド
-, , ,

Copyright© お酒ファン.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.